2006年 04月 21日
mochitakeのコンデジ歴2 C4100Z-短期の付き合い
e0091530_22512812.jpg

[C4100Z F3.5 1/100(ノートリミング)]※PCU-01+自作クローズアップ、D-180×1
[ 石垣島/荒川 ]

「うてぃくやみ、こーてぃくやみ」(沖縄のことわざ)
 売ってしまってから売らなければ良かったと後悔し、
 買ってしまってから買わなければ良かったと後悔する事。
 

さて、前回からの続きです。
C2020Zが故障引退した後の後継機ですが、10倍ズームのC750UZか、
PowershotG3&UMIEハウジングの何れかで悩んでいました。
マクロ撮影が多かったので、テレ側がもう少し欲しかったのです。

なかなか選択の決定打がなく決めかねていたとき、
C4100Zマリンパック(防水プロテクタセット)が格安で限定販売されていたので
一時的な中継ぎ機種として購入しました。

C2***Z~C4***Zシリーズの最後のモデルとして出た4100Zは、
ボディ、レンズ、液晶、バッファなどでコストダウンを図った機種でしたが、
発色も良く、機能も充実しており、C/Pの高い良作だったと思います。
水中用途ではワイコン装着時の広い画角も魅力の1つでしたね。

でも、やはり本命はG3かC750UZ。
4100Zは石垣島で5ダイブ使用しただけで手放してしまいました。
(ありがたいことに購入価格よりも高値で売れた)

そして、次の機種に買い替えた事がきっかけでスランプに陥いってしまいます。
詳しくは次回・・・。



e0091530_2317661.jpg
[ C4100Z F4 1/100 (ノートリミング) ] ※D-180×1灯
[ 石垣島/米原 ]

1枚目の写真はバブルコーラルシュリンプ、
2枚目の写真はハダカハオコゼです。
  
[PR]

by mochitake | 2006-04-21 22:59 | 水中写真&ダイビング


<< mochitakeのコンデジ歴...      mochitakeのコンデジ歴... >>