2006年 08月 25日
この眼だれの眼?(甲殻類編)
e0091530_0102879.jpg


フラプッチさんから、
「ニシキカンザシヤドカリの眼の拡大が見たい!」とコメントを頂きました。
リクエストがもらえるとブログネタに悩まなくて良いのでちょっと助かったりして。

さて問題です。
甲殻類の眼を拡大してみましたが、それぞれ誰の眼だか分かりますか?



e0091530_0114368.jpg


それでは解答です。
左上から右に向かって・・・

【左上】セグロサンゴヤドカリ/石垣島
  かなり派手ですね。
  ヤドカリはこのあたりの色彩が分類のポイントになったりするようです。

【中上】アナモリチュウコシオリエビ/柏島
  これは難しかったでしょうか?似たような眼のエビが多いですから。
  通称ロボコンと呼ばれるエビですが、
  「ロボコンに似てる!」なんていうと世代がバレるので要注意。

【右上】ヒメキンチャクガニ/柏島
  キンチャクガニと思った方、惜しい!
  キンチャクガニが"怒り眼"なのに対し、ちょっと"怒り困り眼"って雰囲気。

【左下】トゲツノメエビ/柏島
  棘角眼海老の名の通り、
  目の上にトゲのようなツノが出ているのが特徴。

【中下】カンザシヤドカリ/石垣島
  はい、これがカンザシヤドカリでした。
  ニシキカンザシヤドカリも同じような眼をしています。

【右下】フリソデエビ/柏島
  トゲツノメエビの"ツノ"が小さくなったような形状で、表面は網目状になってます。

さて、何問正解しましたか?
  
[PR]

by mochitake | 2006-08-25 00:19 | 水中写真&ダイビング


<< マルスズメダイの繊細な尾鰭      カンザシヤドカリの全身って? >>