タグ:カニ ( 11 ) タグの人気記事

2009年 05月 27日
ぐふふふふふっ
e0091530_22312357.jpg

マルソデカラッパ
[ D70/105mm at 柏島('08年11月) ]
  
[PR]

by mochitake | 2009-05-27 22:32 | 水中写真&ダイビング
2009年 02月 12日
イソコンキングスケベ
e0091530_23122699.jpg

イソコンペイトウガニ
[ D70/105mm at 柏島('08年9月) ]

ボート付近の浅場で被写体を探していたら、近くの根の上から手招きされました。

こちらに向けたスレートには「イソコンキングスケベ」と。

一瞬、「へ?」と思ったけど、指差す先を見て納得。

キングサイズのイソコンペイトウガニをスケベ抜きで、の略でした。

注) スケベ抜き=青抜き(地域限定)
  
[PR]

by mochitake | 2009-02-12 23:32 | 水中写真&ダイビング
2007年 12月 15日
たくさんいるけど誰も撮らないカニ その2
e0091530_0332368.jpg

[ D70/105mm at 柏島('07年11月) ]

スルー系のカニ、第2段。
サンゴの隙間から小悪党っぽい目つきで睨みをきかすキモガニです。

肝の据わった目つきをしているからキモガニ?
まさかキモい顔をしてるからキモガニ?
調べてみたら属名の「Cymo(キモ、サイモ)」が語源なんだそうな。

小悪党っぽいのは目つきだけではなく、サンゴを食害するカニだそうです。
なんてヤツだ。・・・でも憎めない姿してるよなぁ。
  
[PR]

by mochitake | 2007-12-15 00:34 | 水中写真&ダイビング
2007年 11月 27日
たくさんいるけど誰も撮らないカニ その1
e0091530_0405439.jpg

[ D70/105mm+クローズアップレンズ at 柏島('07年11月) ]

柏島に行って来ました。
ここのところ北風が続いていた柏島ですが、幸いなことに滞在中は穏やかな天候に恵まれました。
海中はハゼの出が悪くなった代わりにエビ・カニ系が充実し、そろそろ冬の到来って感じです。

今回のダイビングではメインと予備の2個のダイコンがほぼ同時に故障してしまったため、
その後は出来る限りみんなよりも浅い水深で遊ぶようにしていました。
-3~5m辺りで遊ぶ時間が長く、いつもは撮らないものまで撮影してみたり。

今日の写真はサンゴの隙間にたくさん居る、2mmくらい-ゴマ粒サイズ-の極小ガニです。
(105mm+クローズアップレンズUCL165M67で最短距離、さらに少しトリミング)
たくさんいるカニですが、名前は知りません。
新品スキンの浮力との戦いもあり、20枚くらい撮ってピントが合ったのはたったの2枚でした。
あ、こいつの名前知っていたら教えてください。

追伸
この度ご一緒させて頂いた楽しい皆さん、有難うございました~っ!
  
[PR]

by mochitake | 2007-11-27 00:49 | 水中写真&ダイビング
2006年 11月 06日
”姫”キンチャクガニ
e0091530_2239475.jpg

[ D70/105mm+UCL-165M67 F11 1/125 (トリミングたくさん) ]
[ 柏島/後浜 '06年5月 ]

「ポンポン振って可愛い~っ!」なんて、
特に女性ダイバーに人気のキンチャクガニ
ダイビングで見ることができるカニの中では一番人気じゃないでしょうか。

今回はキンチャクガニよりも珍しい、ヒメキンチャクガニの写真です。
”姫”と名に付くのでキンチャクガニよりも可愛い姿を想像しそうですが、
実際の姿は姫どころかむしろオヤジ的風貌。
見事な毛深さです。

ところがこれよりもさらに毛深いキンチャクガニがいて、その名も「ケブカキンチャクガニ」。
キンチャクガニ・ヒメキンチャクガニとは属が異なり、外観もあまり似てません。
柏島でも確認されてますが、超レアらしく一度も見たことが無いです。

レアモノっていうとそれだけで人気が出そうですが、
キンチャクガニ一族に関してはそうでもない気がします。
「かわいい~」とチヤホヤされそうなのは、やはり元祖(?)キンチャクガニ。
ヒメになると「ちょっとホコリが積もってそうね・・・」と言われ、
ケブカになると「あのぉ?どの部分がカニですか?」なんて言われそうな気が。

注)ヒメキンチャクガニの”ヒメ”は小さいという意味合いでついた名です・・・念のため。
   
[PR]

by mochitake | 2006-11-06 22:32 | 水中写真&ダイビング
2006年 08月 25日
この眼だれの眼?(甲殻類編)
e0091530_0102879.jpg


フラプッチさんから、
「ニシキカンザシヤドカリの眼の拡大が見たい!」とコメントを頂きました。
リクエストがもらえるとブログネタに悩まなくて良いのでちょっと助かったりして。

さて問題です。
甲殻類の眼を拡大してみましたが、それぞれ誰の眼だか分かりますか?

[#IMAGE|e0091530_23511221.jpg|200608/24/30/|left|60|40#]◆続きを読む◆ 答えはコチラ
[PR]

by mochitake | 2006-08-25 00:19 | 水中写真&ダイビング
2006年 05月 31日
父ちゃんとボク
e0091530_21373768.jpg

[ D70/105mm+UCL-165M67 F14 1/125 (トリミングたくさん) ]
[ 柏島/マグロ横 '06年5月 ]

こうやって威嚇するんじゃあっ、練習せえよ~。 (ブンブンッ!)

父ちゃん、こうかぁ~? (ふりふりっ

と言ってるかどうかは知らないですが・・・
よくもまあ体格に合った大きさのイソギンチャクを持ってるものです。
キンチャクガニだけが知る"イソギンチャク養殖場"が有って、
そこに行くとキンチャクガニがうじゃうじゃ居るのでは・・・?
そんな事を考えてしまったり。
[PR]

by mochitake | 2006-05-31 00:47 | 水中写真&ダイビング
2006年 05月 22日
ちょっと派手すぎ?
e0091530_228574.jpg

[ D70/105mm+UCL-165M67 F9 1/100 (トリミングたくさん) ]
[ 柏島/マグロ横 ]

イソコンペイトウガニ。
探せばすぐに見つかるのですが、
過去に写真を撮った記憶はほとんどありません。
少なくともD70を購入してからは始めての撮影です。

もっと軟らかく立体的な写真をイメージして撮ったのですが・・・
うーん、どうも違う。
ストロボ(人工的な光)が不自然?
自然光とかも試してみればよかったかな。


ところで今夜、エキブロが異常に重たくないです?
  
[PR]

by mochitake | 2006-05-22 22:09 | 水中写真&ダイビング
2006年 03月 11日
オランウータン
e0091530_131957.jpg

[ D70/105mm F13 1/125 (トリミングちょこっと) ]
[ 石垣島/米原 ]

オランウータンクラブ。
この名前のおかげで人気を得ているカニです。
なんてことない名前だったら、おそらくそれほど注目されていないはず。

毛むくじゃらで長いハサミ脚をブラブラさせている姿から付いた名ですが、
オランウータンクラブという呼び名はクモガニの一種の総称であり、俗称です。
最近ミナミクモガニという和名が付いたとも聞きますが、
やはりオランウータンクラブという名前の方がしっくりきますね。

ミズタマサンゴやナガレハナサンゴの上で両手ブラブラしている事が多いのですが、
今回は写真栄えしない所に居たのでちょっとだけ移動してもらいました。
でもこの写真、オランウータンっぽさが不足してますね。
次回は、オランウータンらしいオランウータンらしい姿を撮らないと。
[PR]

by mochitake | 2006-03-11 01:37 | 水中写真&ダイビング
2006年 02月 21日
カニハサミイソギンチャク
e0091530_23132945.jpg

左[ D70/105mm+PCU-01 F10 1/320 (トリミングたくさん) ]
  [ 柏島/勤崎 ]

右[ D70/105mm+PCU-01 F20 1/250 (トリミングたくさん) ]
  [ 柏島/ひょっとして勤崎 ]

キンチャクガニがはさんでいるのは「カニハサミイソギンチャク」。
そのまんまのネーミングですね。
前回のコメントでも話題になった通り、どこに居てどこでカニと出会うのかが謎です。
キンチャクガニは自分の体に合ったサイズのイソギンチャクを持っているんですよね。

左のキンチャクガニはかなり大きな個体ですが、イソギンチャクも大きなサイズ。
右のキンチャクガニは極小サイズで、やはりイソギンチャクも極小でした。


【2/22 訂正】撮影地が石垣島になってましたが、正しくは柏島です。
[PR]

by mochitake | 2006-02-21 23:34 | 水中写真&ダイビング