タグ:フサカサゴ科 ( 9 ) タグの人気記事

2012年 06月 29日
D2000のS-TTLがきかーん
e0091530_22115692.jpg
[ Nikon D7000 / AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED ]

Nikon D7000とINON D2000(type1)を光接続して使ってみました。
ちゃんとS-TTLは効いてくれるのに、ストロボ側の調光ダイヤルでの微調整ができません。
プラスに回してもマイナスに回しても常に同じ発光量(露出)のまま。
自分の設定ミスなのか?
D2000(type1)とD7000の相性なのか?

カメラ側の露出補正で発光量調整できるので大きな問題は有りませんが、
左右のバランスを調整するのにストロボ距離をいじらないといけないのが面倒です。
まあ、そんな細かな調整をすることって滅多に無いんですけどね。
  
[PR]

by mochitake | 2012-06-29 22:17
2012年 05月 07日
復活、「水中フォトログ|Aquagarden」
e0091530_2323045.jpg
[ Nikon D70 / Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D ]

長らく閉店していた当ブログですが、いろいろと考えた末に復活させることにしました。

やはり水中写真の置き場所はこのブログがいいなあ、と。

ただし、思いっきり「低頻度」で更新することを宣言しておきます。(冬季はほぼ開店休業?)

あらためまして、よろしくお願いします。

   
[PR]

by mochitake | 2012-05-07 23:23 | 水中写真&ダイビング
2009年 05月 18日
105mmじゃ長いっす。。。

得意な距離で撮るとこうなっちゃう
e0091530_2242536.jpg

やっぱりこうなっちゃう
e0091530_22341341.jpg

頑張って引いてみたぞ
e0091530_22401750.jpg

ボロカサゴ
[ D70/105mm at 柏島('08年11月) ]
  
[PR]

by mochitake | 2009-05-18 22:46 | 水中写真&ダイビング
2008年 10月 03日
続・続・ニセボロカサゴ
e0091530_0162221.jpg

ニセボロカサゴ
[ D70/105mm at 柏島('08年5月) ]

5月の写真にさかのぼって。

ニセボロカサゴ、3度目の採用です。(1回目2回目

いろいろ撮ったつもりだったけど、黒抜きも撮っときゃ良かったな。
  
[PR]

by mochitake | 2008-10-03 00:15 | 水中写真&ダイビング
2008年 06月 10日
続・ニセボロカサゴ
e0091530_1928354.jpg

ニセボロカサゴ
[ D70/105mm at 柏島('08年5月) ]

事前にイメージしていたよりも小さい個体だったニセボロカサゴ

どれくらい小さいかって、体が半透明に透けるくらい。

バックライトで撮ってみました。

いろんな撮りかたをしたので、ブログにはあともう1回くらい登場させる予定です。
  
[PR]

by mochitake | 2008-06-10 19:31 | 水中写真&ダイビング
2008年 05月 26日
ニセボロカサゴ!
e0091530_23414386.jpg

ニセボロカサゴ
[ D70/105mm at 柏島('08年5月) ]

今年初、柏島に行ってきました。

ニセボロカサゴが出ているとのこと。初対面です。

APS-Cに105mmでは長すぎるだろうなぁ・・・

なんて思っていたのですが、予想に反して撮りやすいサイズの個体でした。
  
[PR]

by mochitake | 2008-05-26 23:44 | 水中写真&ダイビング
2007年 03月 18日
まったりと・・・
e0091530_0424392.jpg

ハダカハオコゼ
[ D70/105mm F5.6 1/250 (ノートリミング) ]
[ 柏島/後浜 '06年5月 ]

1本目・2本目と深場に行った後の、まったり系浅場ダイビング。
ハダカハ相手にも時間を気にせずあくびのチャンス待ちができました。

珍しくちょっと引き気味の構図。
これくらいのまったりダイブだと少し余裕ができるのかな・・・
今年はこれくらいの余裕を持って撮影に臨みたいものです。
  
[PR]

by mochitake | 2007-03-18 00:56 | 水中写真&ダイビング
2006年 07月 08日
glass leaf
e0091530_0102030.jpg

[ D70/105mm F16 1/500 (ノートリミング) ]
[ 柏島/後浜 '05年10月 ]

ハダカハオコゼ。
漢字で書くと裸葉虎魚、英名はLeaf scorpionfish、
"葉" "Leaf"の名のとおり、葉っぱのように薄っぺらいオコゼです。

いつもうねりに揺られ左右にゆらゆらとしていて
自ら動く事はほどんど無いのですが、
強いライトを当てると光を嫌って反対側を向いてしまいます。

D70+105マクロ(銀塩換算約160mm相当)ではちょっと長すぎて、
全身を撮るのにはあまり向いていません。
だからこうやって顔だけを切り取って写すことが多いですね。

よく、目がガラス玉のようだと言われますが、
白っぽい個体は全身がガラス細工のようにも見えます。

[#IMAGE|e0091530_0365713.jpg|200607/08/30/|left|41|56#]◆続きを読む◆ 3年前も・・・
[PR]

by mochitake | 2006-07-08 00:12 | 水中写真&ダイビング
2006年 04月 21日
mochitakeのコンデジ歴2 C4100Z-短期の付き合い
e0091530_22512812.jpg

[C4100Z F3.5 1/100(ノートリミング)]※PCU-01+自作クローズアップ、D-180×1
[ 石垣島/荒川 ]

「うてぃくやみ、こーてぃくやみ」(沖縄のことわざ)
 売ってしまってから売らなければ良かったと後悔し、
 買ってしまってから買わなければ良かったと後悔する事。
 

さて、前回からの続きです。
C2020Zが故障引退した後の後継機ですが、10倍ズームのC750UZか、
PowershotG3&UMIEハウジングの何れかで悩んでいました。
マクロ撮影が多かったので、テレ側がもう少し欲しかったのです。

なかなか選択の決定打がなく決めかねていたとき、
C4100Zマリンパック(防水プロテクタセット)が格安で限定販売されていたので
一時的な中継ぎ機種として購入しました。

C2***Z~C4***Zシリーズの最後のモデルとして出た4100Zは、
ボディ、レンズ、液晶、バッファなどでコストダウンを図った機種でしたが、
発色も良く、機能も充実しており、C/Pの高い良作だったと思います。
水中用途ではワイコン装着時の広い画角も魅力の1つでしたね。

でも、やはり本命はG3かC750UZ。
4100Zは石垣島で5ダイブ使用しただけで手放してしまいました。
(ありがたいことに購入価格よりも高値で売れた)

そして、次の機種に買い替えた事がきっかけでスランプに陥いってしまいます。
詳しくは次回・・・。

[#IMAGE|e0091530_22562262.jpg|200604/21/30/|left|45|60#]◆続きを読む◆ もう1枚の写真
[PR]

by mochitake | 2006-04-21 22:59 | 水中写真&ダイビング