タグ:昔の写真(コンデジ) ( 5 ) タグの人気記事

2006年 04月 24日
mochitakeのコンデジ歴4 C770UZ-スランプ悪化
e0091530_23264088.jpg

[ C750UZ F5.6 1/100 (ノートリミング) ] ※D-180×1灯
[ 柏島/後浜 ]
訳あって770UZではなく750UZの写真です。理由は本文に・・・。

「泣きっ面に蜂(なきっつらにはち)」
辛いことや苦しいことが一つある上に、さらに辛くて苦しいことが重なること。
 

スランプはますます悪化していきます。
まず、C750UZ→C770UZという無意味な買い替えをしてしまいました。
さらにこの年(2004年)は天候にも嫌われ、
計画を立てれば台風発生、台風を避けて海に行っても大シケ。
柏島にも行けず、沖縄に行ってもほとんど潜れず、
とどめは撮った写真を全て紛失してしまう大失態!(PCデータ管理の不備)

次第に水中写真を撮る意欲が薄れ、とうとう海から足が遠ざかってしまいました。
その後、ブランク期間は約1年間続くことになります。

* * * そして1年後 * * *
ブランク期間中に、なんとなくスランプになった原因に気付きました。
そんな経緯で昨夏にD70+105マクロ1本のみで再出発し、今日に至っております。

4回に渉って書いてきたコンデジの話は今日でおしまい。
つまらないスランプ日記を読んでくれた方、
ホントにホントに有り難うございました。 m(_ _"m)
  
[PR]

by mochitake | 2006-04-24 23:27 | 水中写真&ダイビング
2006年 04月 23日
mochitakeのコンデジ歴3 C750UZ-スランプ突入
e0091530_11442462.jpg

[ C750UZ F7 1/250 (ノートリミング) ] ※クローズアップPCU-01、D-180×1灯
[ 柏島/サルガウド ]
せっかくの10倍ズームなのでテレ端の写真を探しましたが、ロクなものがありません。
この写真は焦点距離35mmフィルム換算で240mm相当のものです。
捕食のために巣穴から飛び出た瞬間を、置きピンで狙いました。

「諸刃の剣(もろはのつるぎ)」
一方では非常に役に立つが、他方では大きな害を与える危険もあるものの例え。
 

悩んだ末、結局は10倍ズームのC750UZを購入。
INONのドームレンズ(750UZでは周辺が流れる)も購入したことで、
画質はさておき超マクロ~セミフィッシュアイまで撮れるシステムになりました。

ところが、このコンデジならではの柔軟性が私にとっては仇となります。
「何を、どのように撮りたいのか」があまりにも希薄だった為でしょう。
水中ではマクロにワイドにとレンズ交換やストロボ調整で大忙し。
当然ながらその結果は散々たるもので、歩留まりがどんどん低下していきます。

おまけにC750UZのスポットAFの合焦しないこと!
レンズが暗いせいでしょうか、4100Zではバシバシと合焦していたスポットAFが、
全くといっていいほど合焦してくれないのです。

まあ、カメラが悪いわけじゃないんですよ。
使いこなすだけの技術があれば、面白いカメラだと思います。
私には・・・手に負えなかったんですね。

そして、さらにスランプは悪化していきます。(次回最終回につづく)
[PR]

by mochitake | 2006-04-23 10:33 | 水中写真&ダイビング
2006年 04月 21日
mochitakeのコンデジ歴2 C4100Z-短期の付き合い
e0091530_22512812.jpg

[C4100Z F3.5 1/100(ノートリミング)]※PCU-01+自作クローズアップ、D-180×1
[ 石垣島/荒川 ]

「うてぃくやみ、こーてぃくやみ」(沖縄のことわざ)
 売ってしまってから売らなければ良かったと後悔し、
 買ってしまってから買わなければ良かったと後悔する事。
 

さて、前回からの続きです。
C2020Zが故障引退した後の後継機ですが、10倍ズームのC750UZか、
PowershotG3&UMIEハウジングの何れかで悩んでいました。
マクロ撮影が多かったので、テレ側がもう少し欲しかったのです。

なかなか選択の決定打がなく決めかねていたとき、
C4100Zマリンパック(防水プロテクタセット)が格安で限定販売されていたので
一時的な中継ぎ機種として購入しました。

C2***Z~C4***Zシリーズの最後のモデルとして出た4100Zは、
ボディ、レンズ、液晶、バッファなどでコストダウンを図った機種でしたが、
発色も良く、機能も充実しており、C/Pの高い良作だったと思います。
水中用途ではワイコン装着時の広い画角も魅力の1つでしたね。

でも、やはり本命はG3かC750UZ。
4100Zは石垣島で5ダイブ使用しただけで手放してしまいました。
(ありがたいことに購入価格よりも高値で売れた)

そして、次の機種に買い替えた事がきっかけでスランプに陥いってしまいます。
詳しくは次回・・・。

[#IMAGE|e0091530_22562262.jpg|200604/21/30/|left|45|60#]◆続きを読む◆ もう1枚の写真
[PR]

by mochitake | 2006-04-21 22:59 | 水中写真&ダイビング
2006年 04月 19日
mochitakeのコンデジ歴1 C2020Z-ダイビングのきっかけ
e0091530_23392445.jpg

[ C2020Z F2.8 1/30 (ノートリミング) ] ※ワイコンUWL-100、D-180×1灯
[ 石垣島/マンタスクランブル ]

今回から4回に渉り、過去に使用してきたコンパクトデジカメの話を書きます。
第一回目は初デジカメのC2020Zの巻。

ダイビングなんて頭の片隅にも無かった6年前、
旅行のスナップ用にちょっと奮発してC2020Zを購入しました。
実はそれまでは”写ルンです”くらいしか使用した事がなく、
「A/S/M」なんてダイヤルを見ても”なんのこっちゃ?”のド素人でした。

せっかく買ったカメラの使い方くらい覚えようと何冊かの本を読むうち、
「キャメディアではじめる水中デジカメ入門」を読んで
水中写真というものに興味を持ったのです。
思えば、これがダイビングを始めるきっかけでしたね。

'01年に柏島でCカードを取得。
C2020Z+PT-007は、自作クローズアップレンズやワイコン(INON UWL-100)、
外部ストロボ(INON D-180)などで徐々にステップアップしていきましたが、
約70ダイブ使用した頃に故障により3年間の現役生活を退きました。
(故障したC2020Zはなんとなく思い入れがあるために処分できず、
未だに部屋の片隅に眠っています。)

この頃はまだ1つのカメラをじっくりと使い倒そうという気持ちが有った頃です。
ところがこの後、誤った道を歩み始めてしまうんです・・・

[#IMAGE|e0091530_23445368.jpg|200604/19/30/|left|60|45#]◆続きを読む◆ もう1枚の写真
[PR]

by mochitake | 2006-04-19 23:51 | 水中写真&ダイビング
2006年 04月 03日
【番外編】初ファンダイビングの写真(4年前)
e0091530_2362969.jpg

[ C2020Z F2.0 1/400 (トリミングちょこっと) ]
[ 柏島/ポイント不明 ]

風邪をひいていたので、家でおとなしくPCデータの整理をしていると、
初ファンダイブの際に撮った写真が出てきました。
2001年秋、Cカードをとったショップの柏島5diveツアーで撮ったものです。

初代デジカメはC2020Z。良いカメラでしたね。
そういえば柏島でツバメウオが群れているのって、このときしか見たことないです。
(群れててもD70+105mmじゃ撮れないですけどね)

やはり柏島、初ファンダイビングの写真もマクロが中心でした。
ほとんどが目も当てられないような写真でしたが、
その中で意外にもまともに撮れていた写真を貼ってみます。

[#IMAGE|e0091530_2324289.jpg|200604/02/30/|left|100|83#]◆続きを読む◆ 懐かしの初ファンダイブ写真
[PR]

by mochitake | 2006-04-03 14:38 | 水中写真&ダイビング